スキップしてメイン コンテンツに移動

WordPressのカスタムフィールドの出力をCSSで素敵にデザイン(フィルターフック未使用版)


【趣旨】

WordPress(に限ったことではありませんが)のカスタムフィールドなどの出力で



な出力を、PHPの「preg_replace」を使用して



という素敵な見た目に変更します。
(フィルターフックは使用しませんので、functions.phpは編集不要です。)


【コード的には】


Before
<p>本日は晴天なりテキストテキストテキストテキストテキスト...</p>
<p>二段落目テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...</p>


After
<p><span class='mydeco'>本</span>日は晴天なりテキストテキストテキストテキストテキスト...</p>
<p>二段落目テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...</p>

CSS
.mydeco {
color: #fff;
background: #c6506d;
margin: 6px 5px 0 0;
padding: 17px 12px 12px;
text-align: center;
float: left;
font-size: 44px;
font-weight: 400;
line-height: 30px;
}
(CSSはあらかじめ用意しておきます。)


【方法】

テンプレートの当該カスタムフィールドの出力が
<?php the_field('cf_mytxt',$post->ID); ?>
だとして、出力箇所を以下のように変更します。
(※プラグイン「Advanced Custom Fields」での出力方法です。
 標準ではpost_custom('cf_mytxt')のように取得します。)

<?php
$string = get_field('cf_mytxt',$post->ID);  //(1)
$pattern = "/^<p>(.)(.+)$/mu";  //(2)
$replacement = "<p><span class='mydeco'>$1</span>$2";  //(3)
echo preg_replace($pattern, $replacement, $string, 1);  //(4)
?>

【解説】

(1)the_field() で出力までおこなっていたところを、get_fieldでPHPの変数に受けます。
(※プラグイン「Advanced Custom Fields」を使用していない場合は、標準の$string = get_post_custom('cf_mytxt');等で取得します。)

(2)正規表現で、先頭が<p>で始まり、最初の1文字を変数$1に、それ以降が変数$2となるパターンを定義します。(m:単一行として処理。u:文字列をUTF-8として扱う。)(文字コードがUTF-8のときはこれ必要らしいです。)

(3)変更後のパターンを定義

(4)preg_replaceで、(1)の文字列($string)のうち、(2)のパターン($pattern)に合致したものを、(3)の変更後パターン($replacement)に変更する。(閉じ括弧前の1:変更は最初にマッチした1回のみ。)




。。。にしても、久しぶりの投稿です。(^ ^;
月1回の目標ですが、久しぶりすぎました。
もうクオリティーにこだわっていられません。
ということでちょっとした小ネタでした。

コメント

このブログの人気の投稿

iframeに異なるドメイン(クロスドメイン)のコンテンツを読み込んで高さを自動調節する方法

趣旨 iframe(親)に異なるドメインのページ(子)を読み込んで、親フレームにスクロールが出ないよう、iframeの高さを子ページの高さに自動調節する


方法 普通にやると、
「Uncaught SecurityError: Blocked a frame with origin "http://hoge.com" from accessing a frame with origin "http://fuga.com".  Protocols, domains, and ports must match. 」
などと怒られてしまいますのでこちらを参考に
http://stackoverflow.com/questions/18456498/how-can-i-change-the-size-of-an-iframe-from-inside

http://i556tips.tumblr.com/post/15710917018/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7iframe%E3%81%AE%E9%AB%98%E3%81%95%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%AA%BF%E7%AF%80%E3%81%99%E3%82%8Bjavascript


コード hoge.com(親)
<html> <head>     <title>親</title>     <script src="js/jquery.js"></script>     <script>         window.addEventListener('message', function(e) {         var iframe = $("#fugapage");         var eventName = e.data[0];         var data = e.data[1];         switch(eventName) {             case '…

WordPressのwp_get_archivesで月別リストを生成する際に<li>をカスタムする方法

【About】 WordPressの wp_get_archives('type=monthly') で月別のリスト<li>を生成する際に、特定の年月のアーカイブページを表示した際に<li>に特定のクラス(class="active"など)を設定する方法を記載します。
また、おまけとして、functions.phpによらず、テンプレートで<li>をカスタマイズする方法も記載します。

【通常の書き方】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul>
とすると

<HTML><p>月別アーカイブ</p> <ul>     <li><a href="http://hoge.com/2013/12/">2013年12月</a></li>     <li><a href="http://hoge.com/2013/11/">2013年11月</a></li> </ul>
などと生成されます。

これを、ある月を表示しているときに、該当のリスト<li>に class="active" を追加したいとします。

【カスタマイズ方法】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul> (変更なし)

ーfunctions.php
functions.phpに以下を追加
<?php ・・・ function my_archives_link($link_html){   $my_month = '/' . get_query_var('year') . &#…

PhotoSwipeでテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動する方法

【PhotoSwipeとは】 スマホサイトで写真ギャラリーを設置したいときに使えるライブラリ
スワイプで画像がめくれて便利!
レスポンシブサイトの画像ギャラリーにオススメ。
(optionに、imageScaleMethod: "fitNoUpscale" とすれば画像が最大100%で表示されるのでPCサイトでも使えます。)
https://github.com/codecomputerlove/PhotoSwipe


【実現したいこと】 通常は画像サムネイルのクリック(or タップ)でPhotoswipeギャラリーを起動します。
それとは別に、新着情報などのテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動したい。


【方針】var instance = $("#Gallery a").photoSwipe(options); instance.show(0); で、最初のPhotoSwipeギャラリーを起動できることから、テキストリンクに任意の要素(data-swipeとする)と、クラス(.swipe-targetとする)を設置し、.swipe-targetの上から順番にdata-swipeに番号を振ってゆき、.swipe-targetがクリックされたら、data-swipeから番号xを取得し、instance.show(x)で目的のPhotoSwipeギャラリーを起動する。


【HTML】 ヘッダー(もしくはフッター)部分(jQueryバージョンを使用)<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.2/jquery.min.js"></script> <script>window.jQuery || document.write('<script src="/js/vendor/jquery-1.8.2.min.js"><\/script>')</script> <script src="/js/vendor/klass.min.js"></script> <scri…