スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

CloudFlareでWordPressサイトの表示速度を高速化(SPDY化)!かつSSL(https)化!CloudFlareの導入方法!

【趣旨】 既にWordPressで構築済みのWEBサイトに、CloudFlareを導入して高速化(ついでにSSL化)する方法を解説します。



【CloudFlareの高速化の仕組み】 ざっくりですが、以下の仕組みによりWEBサイトの表示が高速化します。
CloudFlare公式サイト:https://www.cloudflare.com/


CloudFlareのCDN(高速に配信するために最適化されたネットワーク)に既存コンテンツをキャッシュさせる。当該ドメインのネームサーバー情報を変更し、上記CDNを参照させるようにする

これにより、いままでhttp://aaa.com/などとブラウザのアドレスに入力されると、ブラウザはDNS(ドメインと実際のサーバーの場所をひもづける賢い仕組み)に問い合わせて、既存サーバーにデータを取りに行っていましたが、CloudFlare導入後は、CloudFlareの高速で最適化されたCDNを見に行くようになり、表示が高速化されます。



【今回の前提環境】 以下の環境にCloudFlareを導入するものとします。
・サーバー:エックスサーバー(X10プラン)
・CMS:WordPressで構築済み
・CloudFlare Pro版を購入



【既存サイト導入に対する問題点】問題点1 無料版の場合、SSL証明書発行にきっちり24時間かかる。
=>Pro版を購入※すれば即時発行されます。今回は既にリリース済みサイトということもあり、Pro版を購入するものとします。
※1サイト目は$20、2サイト目以降は、プラス$5

問題点2 ネームサーバーの浸透時間(ユーザーそれぞれの環境により異なる)
=>どう問題か。以下に記載します。

・ドメインのネームサーバーをCloudFlareのものに書き換える必要があるため、各ユーザーの環境次第で浸透時間に差がでます。

・浸透早いユーザー(以下、早ユーザー):CloudFlareのCDNにキャッシュされたコンテンツを見に行きます。

・浸透遅いユーザー(以下、遅ユーザー):エックスサーバーのコンテンツを見に行きます。

・WordPressの設定(<?php bloginfo('url'); ?>等の元になる変数)を、「http」のままか「https」に変更する必要がありますが、それぞ…