スキップしてメイン コンテンツに移動

WordPressのショッピングカート(Welcart)にメルマガ(acmailer)を連動させる方法(登録もjQueryで版)

WordPress x Welcart x Acmailer3

【趣旨】

WordPressのショッピングカートプラグイン「Welcart」に、メールマガジン「acmailer」(無料で使えるメール配信CGI)を連動させる。


【既出の方法】

http://tukuruder.com/archives/1449
http://www.be-friend.biz/201204/
などにすばらしい記事がありますが、方針としてはいずれも

・登録はWordPressの「functions.php」に、Welcart登録完了時のフックにアクションフック(もしくはフィルターフック)して登録(acmailerのreg.cgiにパラメータを渡してPHPの file_get_contents を実行)

・削除と更新はjQueryでacmailerのreg.cgiにパラメータを渡して$.ajaxを実行

としています。


【今回の方法】

どうせなら、WordPressのfunctions.phpに手を加えることなく、すべてjQueryでやってしまったほうが気持ちがいいということで、登録もjQueryで行います。


【WordPressの設定】

functins.php => 特に記載なし


【jQuery】

(削除、変更は上記URLのブログご参照)

$(function(){
  //登録
  $('.customer_form_entry input[name="regmember"]').click(function () {
 
    // メールアドレス、パスワードを1回のみ入力にするために値設定(オプション。HTML側はhiddenにしておきます。)
    $('.customer_form_entry #mailaddress2').val($('.customer_form_entry #mailaddress1').val());
    $('.customer_form_entry #password2').val($('.customer_form_entry #password1').val());
 
    //メールアドレス取得
    var mailaddress = $('.customer_form_entry input#mailaddress1').val();
    //メールマガジン購読取得
    var mailmaga = $('.customer_form_entry select[name="custom_member[mailmaga]"]').val();
    var data = '';
  
    //配信を希望するかしないか
    if( mailmaga == '希望する'){
      data = "email="+mailaddress+"&reg=add"+"&encode=文字コード";
    }else if( mailmaga == '希望しない'){
      data = "email="+mailaddress+"&reg=del"+"&encode=文字コード";
    }else{
      data = "";
    }
  
    //データ送信
    $.ajax({
      type: "POST",
      url: "http://xxxxxxx.xx/acmailer3/reg.cgi",
      data: data,
      //cache: false,
      //async: false
    });
    data = '';
  });
});


【WelCartの設定】と【Acmailerの設定】

上記ブログをご参考ください。


これで、WordPressにショッピングカートとメールマガジンが実装されました。あぁ素晴らしい!
欲を言えばacmailerがメールアドレスのDB登録と、ステップメールに対応してくれればもっと素敵なのですが。

以上です。

コメント

このブログの人気の投稿

iframeに異なるドメイン(クロスドメイン)のコンテンツを読み込んで高さを自動調節する方法

趣旨 iframe(親)に異なるドメインのページ(子)を読み込んで、親フレームにスクロールが出ないよう、iframeの高さを子ページの高さに自動調節する


方法 普通にやると、
「Uncaught SecurityError: Blocked a frame with origin "http://hoge.com" from accessing a frame with origin "http://fuga.com".  Protocols, domains, and ports must match. 」
などと怒られてしまいますのでこちらを参考に
http://stackoverflow.com/questions/18456498/how-can-i-change-the-size-of-an-iframe-from-inside

http://i556tips.tumblr.com/post/15710917018/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7iframe%E3%81%AE%E9%AB%98%E3%81%95%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%AA%BF%E7%AF%80%E3%81%99%E3%82%8Bjavascript


コード hoge.com(親)
<html> <head>     <title>親</title>     <script src="js/jquery.js"></script>     <script>         window.addEventListener('message', function(e) {         var iframe = $("#fugapage");         var eventName = e.data[0];         var data = e.data[1];         switch(eventName) {             case '…

WordPressのwp_get_archivesで月別リストを生成する際に<li>をカスタムする方法

【About】 WordPressの wp_get_archives('type=monthly') で月別のリスト<li>を生成する際に、特定の年月のアーカイブページを表示した際に<li>に特定のクラス(class="active"など)を設定する方法を記載します。
また、おまけとして、functions.phpによらず、テンプレートで<li>をカスタマイズする方法も記載します。

【通常の書き方】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul>
とすると

<HTML><p>月別アーカイブ</p> <ul>     <li><a href="http://hoge.com/2013/12/">2013年12月</a></li>     <li><a href="http://hoge.com/2013/11/">2013年11月</a></li> </ul>
などと生成されます。

これを、ある月を表示しているときに、該当のリスト<li>に class="active" を追加したいとします。

【カスタマイズ方法】 <WordPress>ーテンプレート
<p>月別アーカイブ</p> <ul>     <?php wp_get_archives('type=monthly')); ?> </ul> (変更なし)

ーfunctions.php
functions.phpに以下を追加
<?php ・・・ function my_archives_link($link_html){   $my_month = '/' . get_query_var('year') . &#…

PhotoSwipeでテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動する方法

【PhotoSwipeとは】 スマホサイトで写真ギャラリーを設置したいときに使えるライブラリ
スワイプで画像がめくれて便利!
レスポンシブサイトの画像ギャラリーにオススメ。
(optionに、imageScaleMethod: "fitNoUpscale" とすれば画像が最大100%で表示されるのでPCサイトでも使えます。)
https://github.com/codecomputerlove/PhotoSwipe


【実現したいこと】 通常は画像サムネイルのクリック(or タップ)でPhotoswipeギャラリーを起動します。
それとは別に、新着情報などのテキストリンクから特定の画像のPhotoSwipeギャラリーを起動したい。


【方針】var instance = $("#Gallery a").photoSwipe(options); instance.show(0); で、最初のPhotoSwipeギャラリーを起動できることから、テキストリンクに任意の要素(data-swipeとする)と、クラス(.swipe-targetとする)を設置し、.swipe-targetの上から順番にdata-swipeに番号を振ってゆき、.swipe-targetがクリックされたら、data-swipeから番号xを取得し、instance.show(x)で目的のPhotoSwipeギャラリーを起動する。


【HTML】 ヘッダー(もしくはフッター)部分(jQueryバージョンを使用)<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.8.2/jquery.min.js"></script> <script>window.jQuery || document.write('<script src="/js/vendor/jquery-1.8.2.min.js"><\/script>')</script> <script src="/js/vendor/klass.min.js"></script> <scri…